FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟女

「熟女」というのはあまりいい表現ではないですけれども、一歳上の彼女はまさしく「成熟した女性」という感じの人です。彼女自身は、もう一生分のセ○クスをしたので、これから先はまったくしなくてもいいと言っていますが、逆に誰とでもできるかもしれない。

僕とセ○クスするのも、僕が好きなわけでも、セ○クスが好きなわけでもない。彼女が本当に好きなのは、もう一人の彼氏のほうで、好きな彼氏はいるけれども、そしてセ○クスしないではいられないわけでも何でもないけれども、彼女とセ○クスしたいという男がいれば、してあげるという感じ。

だから僕とのセ○クスのあと、いつも、「ご満足いただけましたか?それはようございました」と言う。海老反りになって絶叫していたくせに、そんな冷静な言い方をするのは、それこそ僕は不満なんですけどね。

彼女にはもちろん夫がいます。で、夫ともちゃんとセ○クスしてる。夫以外とセ○クスするのは不倫ということになるのですが、でも彼女とつきあっていると、それが全然悪いことに思えない。つまりセ○クスすることがそんなに大仰なことではなくて、相手が求めるならしてかまわないという構えなんですね。

僕がこれまでセ○クスしてきた女性は、結局はそういう構えだったような気がします。で、女性がそういう構えをとることは悪いことじゃないんじゃないかな。もちろん、病気とか妊娠とかには気をつけなければいけないけれども、それに気をつけることは、相手にその気持ちがあれば、そんなにむずかしいことではないと思います。

僕がセ○クス好きだから、セ○クスさせてくれる女性が好きだというだけではなくて、セ○クスすることを高いハードルとしない構えが女性の成熟を示していると思うんですね。で、そういう意味で成熟した女性が好きです。で、女性を好きになるということはその女性とセ○クスしたいということです。やっぱり僕にはセ○クスがすべてですね。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

恍惚

11歳下の彼女とは相変わらず週一でセ○クスしています。僕のほうはまあ衰えてきているので、いつでも射○できるわけではない。彼女もそれをわかっていて、出るときに出してねといつも言います。それで彼女がイクよりも先にイカしてもらうことが多い。

でも時間をかければ、射○したあとでもまた挿入することは可能になります。むしろそれからが本番かな。1度出したら、2度目はそうすぐには出ないから、これから時間をかけて抽挿することになる。

「抽挿」って要はピストン運動のことですが、ピストン運動というとなんだか激しく抜き差しする感じでしょう。確かに自力で射○するときは、ある程度激しく抜き差ししないと高まらない。でも2度目は射○を目的としないから、ゆっくり抜き差しする。

そうするとね、ペ○スがヴ○ギナに擦れるのがすっごく気持ちいいんですね。僕も気持ちよくて、射○の瞬間とは異なる快感を発見した感じなんだけど、彼女のほうも同時に気持ちいいみたい。うっとりした表情になる。恍惚っていうのかな。その表情がとってもいいんですよ。この世で一番美しいと思う。

いや、彼女が美しいって自慢しているんじゃないですよ。ヴ○ギナのなかにペ○スがぴったり収まってゆっくり抽挿されているときの女性の表情が美しいと思うんです。

そういう表情って、実は仏像なんかで見ることもあります。法悦と言って、信仰によっても、芸術によっても、恍惚感は得られるらしい。法悦と恍惚はたぶん同じことなんでしょう。でも信仰や芸術によって恍惚を得るのはやはりかなり高度なことで、それなりの才能が必要でしょうね。それよりもセ○クスにより恍惚を得ることのほうが、一般人にははるかに簡単なんじゃないかな。

だからセ○クスして恍惚を得ることが、人生ではとっても大事なことだと思います。彼女は最近よく、とっても幸せだって言うし、僕もそう思う。何が幸せかというと、もちろん決まったパートナーと付き合っている安定感もあるんだけど、付き合いの中心に間違いなくセ○クスがあって、きちんと恍惚を得ているということなんだと思います。
プロフィール

シックスナイト

Author:シックスナイト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。